戦隊大失格専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第15話「あの日の戦闘員」

Pocket

投稿日:2021年05月21日 更新日:2021年05月21日

姉と謎の怪人に挟まれたD!バレずに日々輝の擬態を続けられるか!?

戦隊大失格あらすじ・ネタバレ

怪人「日々輝・・・?」

スポンサーリンク

日々輝(どうるす・・・この状況・・・)

怪人「ひ・・・日々輝・・・」

・・・?

こいつと桜間

どういう関係なんだ・・・

D「俺は桜間日々輝じゃない」

怪人「失礼した!日々輝は・・・いや・・・地上にまだ同志が残っているとは思わなかったぞ もう長い間ここから出る方法を探っていたが・・・そうかようやく助けに来てくれたか」

D「・・・」

助けに・・・?

どういうことだ・・・?

コンコン

世々良「日々輝もういいかしら」

D「どうぞ・・・」

奴が何者かはこの際置いておく

ここを乗り切らなければ

よりにもよって桜間の身内

俺の正体がバレたら一巻のお終いだ

D「狭いですが・・・あっ!」(もっと砕けた話し方してたな・・・)「ゆっ・・・ゆっくり・・・していってよ・・・」

なんだ・・・

変なこと言ったか?

こいつ無表情でわかんねェ

世々良「仮想戦の訓練は行ったかしら いよいよ最終試験ね」

D「ああ・・・戦闘員と戦ったよ」

世々良「実戦の感覚は掴めたかしら たかがしれてるでしょうけどね戦闘員相手なら」

怪人「おい いつ仕掛ける?貴様の合図待ちだぞ」

D「・・・慌てんなよ タイミングってもんがあるだろ これでも食って待ってろ」

怪人「難しいことはわからんが・・・気は長い方じゃないんでな」

世々良「あら 一つ傷んでたみたいね というか一個減っているような・・・」

D「は 早く食べたいな!」

世々良「待ちなさい 本当に好きなんだから」

世々良「あら」

D「ぼ 僕が取るよ!」

怪人「なんだ奇襲か・・・?少し刺さったぞ・・・」

D「すまん・・・」

世々良「案外難しいのね ところであの話考えてくれたかしら?」

D「あの話・・・」

世々良「今朝からずっとメッセージを送っていたのだけれど」

D「ん?それはどういう・・・」

世々良「平和主義のあたなには向いてない 戦いとは無縁の世界で穏やかに暮らすのよ」

D「穏やかにxって・・・」

ドン

D(おいっ 違ェって!こいつが勝手に言いだしたんだ)

ドンドン

D(やるしか・・・やるしかないのか・・・!?)

世々良「お友達かしら うちの弟が迷惑かけてないといいけど」

D「いや・・・友達じゃないけど・・・」(あぶねぇ・・・来てくれて助かったぜ・・・)

浦部「ええ 日々輝君とは常日頃から仲良くさせてもらってます」

来栖「お姉様お言葉ですが僕は彼の友達じゃない 親友の来須大和です 初めまして」

D「お前ら・・・いやぁ驚きました 姉さん有名人なんですね」

来栖「えっ」

D「え?」

浦部「お前さぁ律儀すぎんだろ」

来栖「真面目すぎる気はあるが日々輝が正しいよ これが大戦隊の・・・正義のヒーローの暗黙のルールだからね」

世々良「気を遣わせたようね」

D「?」

この足で大戦隊が務まるもんなんだな

ピンク部隊・・・

よく見るが戦闘には参加しねぇとこだな

浦部「それにしてもこんな所になんで急に来たんすか?」

来栖「そりゃあれでしょ昨日の・・・」

浦部「あ~野良怪人か こいつが抜け駆けした件ね」

どうやら見破られてはいないようだ

こいつこんな顔もするんだな

もし本物の桜間のことを知られたら・・・

浦部「僕は怪人なんか怖くねェっすよ 絶対無色から抜け出しますから待っててください!そんで一緒にクソ怪人をブチのめしましょう!」

D「ま まぁ大戦隊の仕事はそれだけとは限りませんし・・・」

バギッ

来栖「ん?凄い音したね」

D「あっあぁ~荷物が崩れたみたいですね 直して来ますので暫しご歓談を・・・」

バタン

怪人「おーい」

怪人「残留組か?」

D「!」

怪人「何が仲間だ よく言えたな」

D「頼む大人しくしてくれ 争ってる場合じゃねーだろ・・・」

怪人「いいや私は争うことしか知らない それが戦闘員の誇りだ」

スポンサーリンク

怪人「死んだと思ったか?お前ら残留組にはそう見えただろうな 大戦隊の駒と成り果てた道化共め 誰が言うことを聞くものか お前は怪人失格だ」

戦隊大失格感想

Dがうまく立ち回っていたのに、そしてもうすこしで世々良がピンクキーパーとわかりそうだったのに。怪人が本性を現しましたが・・・次が楽しみです♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

Top