甘神さんちの縁結び専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第二十三話「夢と月と夢 其の九」

Pocket

投稿日:2021年10月16日 更新日:2021年10月16日

スポンサーリンク

甘神さんちの縁結び あらすじ

京大医学部を目指す上終瓜生は、甘神神社に居候することに。しかし、居候の条件は婿養子として神社の跡を継ぐこと!しかも相手は神社に住む夜重・夕奈・朝姫の巫女三姉妹のうちの誰か!?3人の師匠である月神宵深子にそれぞれの覚悟を見せなければいけない中、朝姫は中学卒業後、東京に一人暮らしするということを吐露する。しかし、姉妹にはまだ内緒。本当にそれでいいの?

スポンサーリンク

甘神さんちの縁結び ネタバレ

朝姫「断固拒否ってどうして・・・」

瓜生「と・・・とりあえず」

朝姫「夕奈姉・・・夜重姉・・・」

タッ

夜重「朝ちゃん!」

夕奈「さてはお前 朝姫に何かしたな!?」

夜重「何かあったの?」

瓜生「ちょっと落ち着けって・・・とりあえずお前たちに言わなきゃいけないことが2つある」

瓜生「あいつ東京の高校に進学して一人暮らしするつもりらしいぞ」

夕奈「何かと思えばそのことか・・・」

瓜生「知ってたのか・・・!」

夜重「私たちも薄々感づいてはいたんだよね 東京の高校から入学案内が届いてたりしてたから」

瓜生「知ってたならなんんであいつに話さないんだ?」

夕奈「私たちは人の懐にズカズカと入り込むどっかのお節介野郎とは違うからな」

瓜生「・・・それが本当は望んでない道だったらどうするんだ?」

夕奈「・・・それは朝姫の気持ちを聞くまでわからないことだ」

夜重「・・・朝ちゃんが居なくなったらどうなっちゃうんだろうね 枕投げで遊んだり誕生日プレゼント渡したり一緒に神社のご奉仕もできなくなっちゃう やっぱり寂しいね・・・」

夕奈「・・・」

瓜生「・・・なら やることはひとつしかないだろ」

朝姫「またうちは逃げているだけなんでしょうか?いえそんなことはないはずです 早く自立して一人の力で生きていけるような大人にならなきゃいけないんです」

瓜生「だったらそう素直に話せばいいじゃねぇか」

朝姫「瓜生さん・・・!どうしてここが・・・」

朝姫「・・・もう瓜生さんたらあんなに内緒って言ったのに」

瓜生「悪かったよ でもやっぱり大事な家族が離れ離れになるんだ 何も言えないまま別れるのはたぶん辛くなるからな」

ポン

夕奈「・・・朝姫 お前の気持ちを聞かせてくれないか?」

夜重「それが本当にやりたいことなら私たちはちゃんと応援するからね」

朝姫(やっぱり応援してくれますよね うちの将来のことしっかり考えてくれてるから引き留めたりしませんよね じゃあうちは期待に応えなくちゃですね)

夕奈「・・・だけどたとえどれだけ離れていてもどんな未来に進んでいってもお母さんが結んでくれたこの縁を決してほどけないようにずっと大事に結んでいこう」

朝姫「やっぱり東京行くのやめまーす」

夕奈「ええええええええええええ!!」

朝姫「この美少女のうちがいなくなるとせっかく増えた参拝客が激減してしまいますしね ここは家から通える高校に進学することにしましょう だから・・・」

夜重「朝ちゃ~ん!良かった~これでこれからも一緒に遊んだりご奉仕したりできるんだね」

夕奈「朝姫~!本当に離れ離れになったらどうしようと思ったぞ~」

朝姫「ちょっと二人ともくっつき過ぎです 鼻水ついちゃいますって あははなんだか・・・ぽかぽかして眠くなってきちゃいました・・・」

ボヤァ

朝姫「ほんと・・・うちが話したくないのっわかってて二人を呼ぶなんて さては瓜生さん結構Sっ気ありますね?」

瓜生「だからそれは悪かったって・・・」

朝姫「・・・やっぱり瓜生さんはお人好しですね ちょっとウザいシスコンのお兄ちゃんみたいです」

瓜生「なんだよ妹扱いされるのはご不満か?」

朝姫「ふふふ」

瓜生「やれやれ・・・昨日から色々ありすぎて流石に疲れたな 少しだけ眠るか・・・」

すう・・・

スポンサーリンク

甘神さんちの縁結び感想

朝姫は東京行きを諦めて三人で暮らすことに決めましたね。でもまだまだ予知夢の続きはありますよね。次が楽しみです♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

Top