女神のカフェテラス専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)♯26「演技と、本音」

Pocket

投稿日:2021年08月25日 更新日:2021年08月25日

自室に流星の姿はなく。

女神のカフェテラスあらすじ

夏本番、海の家「シーサイドカフェ・ファミリア」は元気に営業中!そんな中、テレビ局が流星の評判を聞きつけて取材に。明らかになる流星の子役としての過去、そして「家族」のこと、ファミリア崩壊の危機に、隼は!?

女神のカフェテラスネタバレ

隼「おい 流星 ちょっといいか?」

ガラッ

隼「・・・あれ」

桜花「そんなにすごい子役だったんですか?流星さんて」

野村ディレクター「そりゃすごかったよ 動画探せばあるんじゃないかな」

スポンサーリンク

白菊「・・・」

流星「あーあ・・・とうとうみんなにもバレちゃった 海辺の寂れた喫茶店なら誰も気づかないと思ったのに まさか自分できっかけ作っちゃうなんてバカみたいね」

白菊「・・・流星ちゃん」

野村ディレクター「そしてテレビであまり彼女を見なくなった頃かな 流星ちゃんの両親が離婚したって噂を耳にしたのは・・・」

ザザアア

流星父「流星・・・頼むから無理をしないでくれ お前の体が心配なんだよ」

流星「大丈夫!ヘーキだよ!!もっともっと頑張るから見ててお父さん!!」

・・・

流星「だって私が頑張ったらお母さんはすごく褒めてくれるんだもん・・・それにおかしいじゃないそんなに私が心配ならどうして・・・」

隼「白菊が夕飯は冷蔵庫に入ってるから腹減ってんなら食べろってよ」

流星「そんなことわざわざ言いに来たの?」

隼「あぁ・・・それと どうやらオレは勘違いしてたようだな」

流星「え・・・」

隼「お前の社交性は持って生まれた才能だと思ってたがよくよく考えてみれば」

流星「自営業なめんじゃないわよ」

隼「そうじゃなかった」

流星「私が頑張るのはみっともないって・・・恥ずかしいってこと!?じゃあ一体誰が助けてくれるのよ!!」

流星「そのつもりだったんだけどねーテレビも世間も冷たいものよ 私が成長したら目新しい別の子役に飛びついて見向きもしてくれないんだから 結局子役なんて使い捨て また私ににた誰かが私と同じようなことをやらされるだけ」

隼「お前の家の事情はともかく その社交性は今後もウチの店にとって必要不可欠だと思ってる」

流星「え?」

隼「予想以上に運営が上手くいっているのも海の家を出すことができたのも流星がいてくれたおかげだ だから結果的にお前が子役の頃からやってきたことには意味があったし なによりオレは今すごく感謝している ありがとう ばあさんの店を守ってくれて」

流星「・・・私は・・・」

隼「だけどお前はオレ達を家族だと言ったよな だとするなら他のやつがどう思ってるか知らんが・・・少なくともオレは家族一人だけに負担をかけるやり方なんて望んでない」

流星「・・・でも・・・」

隼「でもじゃねェ!!何度も言わすなめんどくさい!!これで最後だぞ!!」

流星「・・・でも・・・」

流星父「流星・・・頼むから無理をしないでくれ お前の体が心配なんだよ」

隼「は!?行かねェよ!!つーか泣くなバカ!!」

翌日

流星「え・・・知ってたの?」

白菊「うん よくテレビで観てたし」

紅葉「アタシも聞いた時 そうかな~って思ってた でもまぁ流星は流星だしどーでもいいから特に触れなかったけど」

白菊「昔がどうだったかなんて関係ないよ 今はただの家族じゃない」

流星「・・・そう」

桜花「流星さーん動画観たよー!!すっっごい可愛かったぁ!!大っきくなったねーお姉ちゃん嬉しい!!」

秋水「ウルトラマンに会ったことあるの!?やっぱり強かった!?」

流星「もう!!やめなさいお姉ちゃんは私よ!!あとウルトラマンは着ぐるみだから!!」

桜花「あははっ!よかったいつもの流星さんだ」

秋水「・・・えぇ」

流星「・・・バカなこと言ってないで今日も働くわよ?」

桜花「ハーイ」

秋水「・・・」

隼「よォ おはよう」

流星「あ・・・」

スポンサーリンク

女神のカフェテラス感想

流星の件は落ち着きましたね。白菊と紅葉は知ってたみたいで、桜花と秋水は知らなかった。っそして隼が流星も家族だしと言ってまるく納まった感じですね・・・次が楽しみです♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

Top