英雄のラブロック専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)EPISODE.12「逃げ道から拓け!」

Pocket

投稿日:2021年08月10日 更新日:2021年08月10日

蘇る、あの日の姉の声、姿。

英雄のラブロックあらすじ

陽彩が「緊縛の英雄」を討ったことで、ハーヴェスト社の「七英雄」が本格的に動き出した、「七英雄」の一人、「無重力の英雄」は蒼と因縁があるようで、陽彩に憎しみを持っている。直接闘うまでもなく、力の差は圧倒的。陽彩と八千代はひとまず全力で逃げるのだが。

英雄のラブロックネタバレ

7年前

どうしようもない善人ってのは

いる

姉「ケガはなかった?」

陽彩「何で助けた?」

八千代「・・・何がだ?」

陽彩「何でオレを逃がそうとしたのかって話だよ!俺のことなんか認めてねーんだろ!?」

八千代「・・・知りたいのか?」

陽彩「別に ありがとな そんだけ」

八千代「なら余計なことに気を回すな 今は この状況をどうするかを考えろ」

ズバ

陽彩「げっ」

スポンサーリンク

ズバ ガラガラ

陽彩「オイ!!アイツの方が被害増やしてんじゃねーか!?自然は大切にしろよ!!」

八千代「英雄の正義執行は全てに優先される!!」

陽彩「・・・いや アレは・・・」

ルナ「私の”刀”は血や髪の毛などが仕込まれている これによって斬られたモノは一時的に私の”無重力”の支配下に置かれる 無論”重く”することも 重力子弾!!!」

陽彩「マジかよ!!木がオレ達に向かって・・・」

八千代「フウッ」

陽彩「落 ち て」

陽彩「るうああああ」

ゴロゴロゴロ

八千代(・・・まずいな 少し”ちから”を使い過ぎた・・・これ以上は身体が持たない)

ルナ「今ならばその地獄からも解放してやるぞ どうだ?宙野陽彩をこちらに手渡すのならラブロックは見逃してもいい」

陽彩「くそー・・・八千代のヤツ オレを思い切り蹴りやがって」

ルナ「私に与えられた任務は奴の抹殺だけだ どうだ?1分程度なら考える時間をやってもいい」

八千代「いらん 時間の無駄だ」

ルナ「・・・理解出来んな 正しくない者を救って何になる?・・・お前まで摂理に逆らうというのか?力無き者に生殺与奪の自由は無い!!たとえ”火葬”であっても それがこの世の摂理だろう!?」

八千代(・・・いるんだよどうしようもない善人ってのは)

八千代「他人のために傷ついて・・・笑って本気で怒れる そんなヤツはいるんだ・・・」

八千代(二度と姉ちゃんみたいな善人を不幸にしたくねえ!!!1秒を30倍にのばす!!!無呼吸”長針”と”短針”の2刀で絶え間なく心臓が裂けてもコイツを・・・)

ルナ「”斥刀”重力を”反転”させあらゆる攻撃は私には届かない 悪くない”ちから”だが相性が悪かったな」

八千代「・・・先に言えよ」

ルナ「訊かれなかったからな では交渉は決裂”英雄法第十三条”悪に与する者々同罪とし」

チャキ

ボワッ

ルナ「熱っ!!」

スポンサーリンク

あとは俺に任せろ。

真正面から挑むのみ。

英雄のラブロック感想

八千代が力の限りルナに攻撃しましたね。しかしというかさすが七英雄、いろいろとスペックが高いですね。それを見ていた陽彩がブチ切れモードです。次が楽しみですね♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

Top