戦隊大失格専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第20話「パイロンの試験VS.赤の怪人役③」

Pocket

投稿日:2021年08月07日 更新日:2021年08月07日

D考案の乱戦作戦!

効果は如何に・・・!?

戦隊大失格あらすじ・ネタバレ

バババ

D「ぬおおおおおっ」

スポンサーリンク

朱鷺田「どうすんだよ 怪人役も2人に増えちまった まあの戦闘員共も群れになって降りてきやがる 模擬戦としちゃ正しいだろうが・・・俺達はあんな怪人共より百倍凶悪だろうがよ」

D「何もわかってませんね あなた達は恐ろしくなんてない ただ強いだけだ」

石川「それでも2対1と4対2は圧倒的に違う やれるだけのことはやろうじゃないか 四方に分かれて彼らを囲む みんな走って!」

獅音「そいつはダメだな あの足じゃまともに動けない」

D(獅音の言う通りだ 薄久保は役に立たなさそうだ 3人でなんとかするしかない)

薄久保「終われない・・・何もできないまま・・・使命をこなせず・・・仲間の足を引っ張りたくない・・・」

朱鷺田「今年は諦めろ 分不相応って知ってっか?」

翡翠「いいよなお前は従一位じゃないから来年はやらなくていいもんな」

朱鷺田「ああそん時ァ俺は正一位だ」

朱鷺田(芸が無ェ 俺らを分断して4対1の構図にしたいんだろうが狭ェ場所だ適当に撃ってても当たるだろうな こんな遊びガチでやるかよ 何をしても覆せない力量差で捻じ伏せてやる)

朱鷺田「翡翠よく見ろ俺だ!」

翡翠「あ なんだ朱鷺田か あいつらどこ行った」

朱鷺田「お おい」

朱鷺田「チッ やりづれェ」

朱鷺田「くくっ 悪くねェ 教えてやんよ鍵は共通して怪人役の背中のベルトにある 取れるもんなら取ってみろ」

石川「獅音君行けるかい?」」

獅音「・・・当たり前だ」

石川(獣のような闘争心 何が君をそこまでさせるのだろう)

朱鷺田「おっとよく当てたなやるじゃん 無色ん中ではな」

ジワ・・・

石川(瞬時に2発も・・・)「さすがです・・・」

朱鷺田「おっさんいい加減夢から覚めな その年で無色なんて才能ねェよ」

ブン

朱鷺田「・・・ッ またかよ鬱陶しいなァ 翡翠!よく見てから切りかかれ これが奴らの狙いだ 当たったらどうすんだ馬鹿野郎」

翡翠「ああ・・・今のはお前に当てにいったんだよ」

朱鷺田「はぁ!?」

翡翠「朱鷺田・・・いい加減にしろ・・・何度も何度も間違えやがって何度も何度も・・・」

翡翠「敬語使えオラァ」

朱鷺田「こいつ・・・マジかよ・・・っ!ふざけんなてめっ」

獅音「なんだ・・・誰と戦ってんだ・・・?」

石川「理由はわからないけど恐らく怪人役同士で・・・」

D「石川さん肩の傷大丈夫ですか?」

石川「桜間君いったいどこに・・・」

D「これ追加の消火器です 煙幕が薄くなったら追加でお願いします」

獅音「この状況もお前の企みなのか?」

D「マジか・・・いやでもこの煙幕の中なら多少歪でも押し通せるか・・・」

薄久保「?」

D「ありがとう受け取ります!」

薄久保「あっ待って!」

D「薄久保さん大戦隊なんて辞めて画家になった方がいいですよ」

薄久保「それは・・・複雑な気持ち でも役に立てたのかな・・・?」

D「ええとっても」

薄久保「桜間君それで何するつもり?」

D「突入します付いてきてください」

獅音「俺にお前が付いてこい」

D「いやケガ人が付いてきてください」

獅音「もういい行くぞ」」

D「あっそうやって先行こうとする」

スポンサーリンク

擬態で敵を分断成功!

さぁ、ここから反撃開始だ!!

戦隊大失格感想

これはDの擬態じゃないと成り立たたない作戦ですね。翡翠は高校生だったんですね。精神面が幼いので今回のDの作戦は上手くいきそうですね。倒そうとするのか?鍵だけを奪うのか・・・次が楽しみですね♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

Top